インターネットFAXで、情報セキュリティ対策

以下は、インターネットFAXの導入により、情報セキュリティ対策となるご案内となります。

FAXの情報セキュリティ対策(情報漏洩防止・なりすまし防止)

FAXトラブルのなかに、送信先を間違え、他の人に届いてしまうということがあります。この場合、送信先の相手から連絡が入って初めてミスに気付くことが殆どです。

FAX機で直接FAX番号を入力するよりは、FAX機に相手の名前とFAX番号を登録し、選択するだけにしておくほうが、ミスは減らすことができます。インターネットFAXを利用することで宛先を電子メールのアドレス帳に登録すれば、見やすくなりますし、宛先を選択後、確認も可能です。メールと同様、後からインターネットFAXの送信・受信の記録を確認することが可能です。

また届いたFAXについても、社内で迷子になってしまうというトラブルもあります。この場合、本当にただ届いていないだけなのか、社内の誰かが誤って捨ててしまったのか、または第三者に持ち去られてしまったのか、まったくわからなくなってしまいます。しかしインターネットFAXなら、出力された用紙が放置されるということはありませんので安心です。

  • インターネットFAX(ファックス)で、情報漏洩防止

管理者が明確(データ管理による強固なセキュリティ)

インターネットFAXでは、届いたFAXをあらかじめ登録したメールアドレスに転送します。そのため、そのメールアドレスの管理者さえ明確にしてあれば、データが漏えいしたり、他人から見られる心配もありません。インターネットFAXは、FAXではありますがデータですので、セキュリティ対策も万全のサービスとなります。

世界最大手のインターネットFAX会社「eFax」、30日間無料トライアル実施中!

インターネットFAXをまずは使って体験してみたいという方にも最適、登録料無料で30日間インターネットFAXが無料で使えるのが「eFaxの30日間フリートライアル」です。30日後に気に入らなければ違約金も追加費用もなしに利用を停止することができるので安心してトライアルを体験することができます。

eFax広告