インターネットFAXの機能紹介:FAX(ファックス)を受信する

以下は、インターネットFAXの機能「FAX受信」に関するご案内となります。

メールやパソコンでFAXを受信する

インターネットFAXは、ファックスの受信をメールで行うことができます。メールにアクセスできる環境があれば、そのときにその場からFAXを受信して確認することが可能となります。

  • オフィスから「パソコン、ノートPC」などでFAXを受信
  • 自宅から「ノートPC、スマホ、携帯」などでファックスを受信
  • 外出先や移動時なら「スマホ、携帯」などでFAX受信

どこでも受信、いつでもFAX対応ができます

従来のFAX機と異なり、決まった場所にいなくてもFAXの受信と対応ができるのがインターネットFAXです。例えば、電車や新幹線などで移動中の場合にもインターネットにさえ繋がればFAX対応をすることができるようになるので、大切な連絡やビジネスにおける対応など迅速に行うことができます。

受信したFAXに対し、ノートPCや携帯、スマートフォンなどさまざまなツールからメールにアクセスをし、その場からFAXへのレスポンスを行うことができます。いつでもどこからでもFAX(ファックス)の受信と送信が行えますので、FAXによるコミュニケーションを活性化することが可能となります。

データの保存や管理にもぴったりです

インターネットFAXで受信するということは、これまでのようにFAXに用紙が出力されるのではなくメールで受信するので、PDFなどのデータで受信することになります。

最初からデータで受信することができるので、FAXデータをデータで保存し管理することができます。インターネットFAXを利用することで、これまで用紙にかかっていたコストは削減され、またスキャナーなどでデータ化していた場合にはその時間も削減することができます。

データを受信するということは、その効率性だけではなく、時間やコストの削減にも繋がっているのです。

インターネットFAX受信方法

以下に、大手インターネットFAXサービスの受信方法の一例をご案内します。

eFax(イーファックス)のFAX受信方法

eFaxのFAX送信方法です。

FAX受信方法
(1)FAX番号を指定 相手の方は、通常FAX送信を行うのと同じように、eFax番号宛てにFAX送信する。
(2)FAXを受信 受信したFAXは、EメールにPDFのファイル添付されて届きます。
(3)FAX確認 通常のPDFファイルと同じように閲覧ができます。

Message+のFAX受信方法

Message+のFAX受信方法です。

FAX受信方法
(1)ログイン Message+のホームページからサービスにログインする。
(2)メニューから選択 メニューから「受信ボックス」を選択する。
(3)FAX確認 FAXが添付されているメールを開き、添付ファイル(TIFまたはPDF)が閲覧できます。

D-FAXのFAX受信方法

D-FAXのFAX受信方法です。

FAX受信方法
(1)FAX番号を指定 相手の方は、通常FAX送信を行うのと同じように、D-FAX番号宛てにFAX送信する。
(2)FAXを受信 受信したFAXは、Eメールにtiffのファイル添付されて届きます。
(3)FAX確認 添付ファイルを開きFAXを確認します。
tiffファイルは、Windowsフォトビューアー(Windows7の場合)、Windowsフォトギャラリー(WindowsVista合)などで閲覧ができます。

世界最大手のインターネットFAX会社「eFax」、30日間無料トライアル実施中!

インターネットFAXをまずは使って体験してみたいという方にも最適、登録料無料で30日間インターネットFAXが無料で使えるのが「eFaxの30日間フリートライアル」です。30日後に気に入らなければ違約金も追加費用もなしに利用を停止することができるので安心してトライアルを体験することができます。

eFax広告