インターネットFAXのデメリット

以下は、インターネットFAXのデメリットについてのご案内となります。

インターネットFAXのデメリット

・受信FAXは迷惑メールに振り分けられる可能性がある。

・受信FAXは受信メールが大量の場合、他のメールに埋もれてしまうことがある。

・受信者が一人の場合、担当者の休暇・外出で、緊急のFAXを内容確認するのが遅くなる場合がある。

・メールボックスの容量をオーバーすると受信できない。

インターネットFAXにおけるデメリットは、メールの送受信時と同じような内容となります。受信したファックスはメールに届くものとなりますので、メールが抱えるデメリットがそのままインターネットFAXでもデメリットとなります。

世界最大手のインターネットFAX会社「eFax」、30日間無料トライアル実施中!

インターネットFAXをまずは使って体験してみたいという方にも最適、登録料無料で30日間インターネットFAXが無料で使えるのが「eFaxの30日間フリートライアル」です。30日後に気に入らなければ違約金も追加費用もなしに利用を停止することができるので安心してトライアルを体験することができます。

eFax広告